午前1時のレモネード

翌朝の化粧ノリより、夜更かしの楽しさが大事。

オタク文化への浸かり方レベルと、海の楽しみ方についての一考察

f:id:reni025:20181011225543j:image

まずオタクと海という切り口から、深海魚とか貝とか、海の生き物で例えろよと思った方には申し訳ない。

水族館に行くのは大好きなものの、海の生き物の生態に詳しいというほどではないので止めました。と予め表明しておく。

 

秋の夜長に、「オタク沼とはよく言うけれど、私にとってオタク世界の界隈は沼なんてかわいいサイズのものより広大な海の方がしっくり来るな」とぼんやり考えていた。決して最近ハマったジャンルのことを考えながら、崖から海へ飛び込みをキメる自分が脳裏に過ぎったわけではない。

そう、オタク世界の広さを例えるなら海だ。海は広いな大きいな、だ。

そうして、何だか中途半端な自分の立ち位置を、オタク文化という大海の楽しみ方に置き換えて考えてみた。するとなんだかオタクのレベル分けがスッキリまとまった気がしたのでメモしておくことにした。別にオタクの生態を布教したいとか決して思ってない。

 

ちなみに、色んなオタクがいるとは思うけど、ここでは分かりやすく一般にイメージされやすい「漫画またはアニメ」オタクを想定している。まあぶっちゃけ私がそうだからなんですけどね?

あと、これも予め表明しておきますが、万一比喩がそう感じられてしまったとしても、みんな海の仲間なのでどのレベルの方のことも決して貶めるような意図はないです。ないですけど引っかかったら教えてください。

 

レベル:ライト層

f:id:reni025:20181011225242j:image

オタク文化という海の浅瀬を歩いているイメージ。

広く浅く、まさに浅瀬を横断するようにジャンルもすいすい横断する。浅瀬なので走ることも可能で、新しいジャンルにもすぐ移ることができる。何なら反復横跳びのごとく行ったり来たり掛け持ちも容易。

可愛い水着を着てはしゃぎながら水遊びをしている人も多い。女子力を失わず、可愛さやオシャレさといったファッション性との両立もバリバリで可能。

「いい波が来たらビッグウェーブに乗るしかない」サーファー的な人もたぶんここ。

 

街遊びや山川でのアウトドアのように趣味のひとつとして適度に海遊びを楽しむ人もいれば、それこそ「キレイな海をエンジョイする私輝いてる☆」とか「私の毎日を輝かせる要素のひとつ!」みたいにファッション感覚の人もいると思う。

海そのものというより、貝やシーグラス拾いとかビーチバレーとかの海だからできること、つまりはオタクにしか通じない文化や不文律・身内感が好きな人も多いんじゃなかろうか。

f:id:reni025:20181011225255j:image

あと、浜辺で待ってるかそもそも街にいる彼ピッピのところに戻ることも容易(偏見)。基本おひとりさまで楽しむ海にて、カップルで浅瀬をエンジョイしてたらそらもう爆発しろと言われてもしゃーない(僻み)。

 

レベル:一般人から見ればオタク

f:id:reni025:20181011225322j:image

↑こっからどぼーん。な心意気。私はここよ。

沖の手前あたり、浅くもないけど深くもないところにいる。ある程度深さのあるところにすぐ飛び込める、断崖絶壁とは言わないけど埠頭にいるようなイメージ。

新しいジャンルに手を出すことは、浅瀬のように「足を踏み入れる」ことではなくまさしく「飛び込む」こと。

いきなりそこそこ深さのあるところに飛び込み、しばらく浮上して来ずに同じ海域(ジャンル)で漁を続ける。強いて言えばたぶん素潜りに近い。

 

f:id:reni025:20181011225822j:image

なお、獲物もほとんどいない漁場で漁(いわゆるオタ活)をするほどのガッツはないので、まずは浅瀬の盛り上がりを眺めて飛び込むエリアの目星をつける。

基本的に徐々にではなくいきなりドボンと飛び込みハマったのち、狂ったように獲物を漁り出す習性がある。「通称:沼」という名の深さのある海域を知ってしまうと、まずはしばらくROMって自分の手に負える獲物や深さなのかを観察しがち(ただの私の説明)。

でも一度飛び込むと決めれば海女にもなる。とはいえあくまで素潜りなので、息が続かなくなってしばらくしたら上がってくるところまでがデフォルト。海の者にはなりきれない。

 

レベル:オタクガチ勢

f:id:reni025:20181011225436j:image

キューバダイビング勢。

きっと生活の拠点は沖合の島、船上とかで暮らしてる人もいる。

ダイビングスーツに酸素ボンベにシュノーケリングマスク、海に長時間潜る準備はバッチリがっつり装備。潜ることに掛けるお金(オタ活資金)は惜しまない。潜った先に獲物やお目当てがいない海域でも、ダイビングすること自体が好きで尊さを感じられる。あ、潜る深さの問題なのでダイバーは漁をしないだろうがというツッコミはこの際ナシでひとつお願いします何卒。

仮想の獲物を追って楽しむ(妄想)ことも、沖合で養殖(二次創作)を始めて自給自足をすることもお手の物。いやだからダイバーはそこまでやらないしするもんじゃない、というツッコミはこの際忘れていただきたい。たぶんもはや海の住人になりたい勢。あくまで全部イメージですが褒めてるつもりです。

 

f:id:reni025:20181011225508j:image

水中写真(推しのイラストやら何やら)をガンガンSNSにアップしたいオープン勢と、美しい海(統率と調和のとれた界隈)を守りたいひっそり推奨派がいる。

イベント時のマナーとかはたぶんあれ、きっと「ダイビング時にメイクしてたら海が汚れるでしょうがダメ!!」とか「お魚との出会いを楽しむのはいいけど触ったり捕まえたりして弱らせる、ましてや陸に持ち帰ったり最新設備を持ち込んで環境破壊なんて絶対ダメ!!」みたいなやつ。

時々両者間で仁義なき戦争が勃発するけど、まさしく水面下の戦いなので陸の人間からすれば選挙時の与野党争い並みに関心が払われない(またも偏見)。

ただごく稀に、何も知らず観光に来た船客が覗いてしまって「深い海にはヤバイのが居るから近付くな」と慄いて風評被害が生まれる。

 

f:id:reni025:20181011225524j:image

最終的には海という名のオタクの世界に魅了されるあまり人魚とかになる人もいるんじゃないかな、知らんけど。発酵してしまった納豆は大豆に戻れないとはよく言ったものだけれど、人魚も陸の世界には戻れないもんね、そういうことだよねきっと。

でも陸で一般人にも交ざって生きられる擬態のうまいガチ勢は、たぶん変化魔法とか陸への移転魔法を身につけた海の魔女。もしくは深海に棲む潜水艦の艦長。

人によっては自らの身を深海魚へ変貌させ、陸の世界との関わりをふつりと絶つ者も居たり居なかったりするかもしんない。その後彼の者の姿を見たものは誰もいなかった、エンド。そして伝説のリュウグウノツカイへ、ひょっとするといずれは神へ。

 

あ、肝心の作家さんや企業さんの立ち位置は考えてなかった。七つの海どころか八百万の海を統べる神がいるってことでいいか。

神じゃなく海を増やすなって言わないで、少女・少年・青年・レディコミ・ティーンズ・エッセイと本屋の棚でジャンルを考え始めたあたりでよく分からなくなったし七つをすぐ超えそうだと悟ったの。きっと湾とか入江みたいに、海域も作品ごとに無数にあるの。

 

f:id:reni025:20181011225408j:image

とまあ、私はこんな感じで陸には戻れずずっと埠頭で海を眺めているし、かといって深海に潜るどころかダイビングに手を出す勇気もない。

素潜り専門な、こんな私にもどっかに仲間がいないだろうか。もしいたら、海にボトルメールを流すかのごとくネットの海からメッセージを貰えたらうれしい。

 

自分程度が好きなものに手を出してはいけないという使命感から、二次創作を含め創作はしないしできないのだ。海は私の手には負えないんだよ、一流の船乗りやダイバーにはなれないの。

そして捨てられないほど買い込むのが分かっているから、ダイビングスーツのごときグッズは買えないし買わない。でもオタクを嫌う層に迎合して完全な内陸部に住んだり、シティーガール装うこともしんどい。

それでも、私はやっぱり海が好きだ。オタクの大海は楽しいぞ。と、キレイな海の画像をふんだんに無駄遣いした秋の夜長だった。

「ふつう」の分類学〜学歴不問、あなたも分類学者〜

f:id:reni025:20180906005903j:image

最近、SNSリアルアカウントで、書くだけ書いてそっと下書きに入れた呟きを供養。

なんかねー 自分たまたま女の身体で生まれてくることができたから苦しまなかっただけのオネエさんなんじゃないかって思う、最近。性的指向は置いといて。メンタルの不安定さは女性っぽいけどそれはホルモンバランスとかの身体的影響として、思考回路は男性の方が近しい気がする

 

例えば、私は昔から「人の気持ちを考えろ」と言われるのが嫌いだった。分からないからじゃない。現代文で作者の気持ちを読み取るのは得意だ。親しい人の気持ちなら考えて推定するのは大得意だ。

考えて分かった上で、分かるなら共感し忖度すべきで『普通』はそうするという風潮が嫌いだった。思考が読めたからと「かわいそう」だの「泣いた」だの、感情論を押し付けるだけで理屈の通らない、賛同できない思想に合わせる必要など感じなかった。(そもそも人に共感と忖度を求めるくせに、自分は同じことをしない時点で「共感」できるわけないよねしてないじゃんと)

そういうところが女らしくないと、女のくせに理屈っぽくて可愛くないと何度言われたか知らない。

べつに可愛がられたくて喋っているわけではないし、何より「理屈っぽくない女は素直で可愛い」だのと思っている奴には特に可愛いなんて思われたくはないから全く構わなかったけれど。

 

一方で決して自慢ではないけど、そういうところが格好いいと同性には褒めてもらえたし、女っぽくなくて付き合い易くて良いと評価をしてくれる異性も多くいた。でもそれすら何となく嫌だった。

何というか、息をするように当たり前に最善手をいつも選べているように見えるヒーローやヒロインのような。そんな評価が気持ち悪かった。

そういった態度を隠して澄ますこともまた「当たり前のことをしているだけです」と言わんばかりのようで気持ち悪くて隠さずにいたら、周りには「お前は自信がない、もっと自信を持て、自己評価が低い」と言われるようになった。

 

私が自己評価低い(っぽい)と言われる理由について、思い当たる節はいろいろある。

もちろん、先に述べたように思考回路がテンプレ女性的でないというのも大きい。

大きいけれど、最近思い当たったさらに大きい理由は別で、そこから派生して将来にまで関わってくる。

それは、結婚願望も子どもを産み育てたい願望も昔から持てたことがなくて。その結果、思春期辺りからずっとある「いつもどこか他人事で、周りが当たり前のように『ふつう』に選んで果たしていく結婚や子育てを果たせないんだろうな」というコンプレックスだと思う。

 

例えば、ある人が想い人に告白した。誰かの恋が実った。どこかの二人が共に生きていくことを決めた。

そのことを頭では「凄いことだな、素晴らしいな」と思うのに、感情はどこか冷めていて「いいなあ、憧れる、羨ましい、いつか自分も」と思えたことがない。

ただひたすらに心の込められない「おめでとう」の言葉と拍手を贈ることしかできなくて、人や経緯によっては茶番だなとすら思ってしまうこともある。

悲しいことに、例えどんなに人として大好きで尊敬できる人同士のカップルであっても、私は「お似合いだなぁ、素敵だなぁ」と思うばかりだ。全くもって心は動かされなくて自分事にできない。

むしろさらに「綺麗な世界すぎて自分にとっては遠くの世界のことだ」という思いが強まりすらする。少なくとも、いつか自分も『普通』に通るであろう道だとは思えたことがなかった。

 

別に他人に恋愛感情を持てないとかでも、性的マイノリティとかでもない。こんな立場になんの名前もなくて、私はただマジョリティになれないだけ。

客観的に見て、その気になれば世間で『普通』と言われる以上の「『普通』の幸せ」を手に入れられる立場ではあるんだと思う。それも知っている。

だからある意味、私のような立場はどちらからも一番理解してもらえない気がするのだ。たぶんどちらから見てもきっとただのワガママだから。自分でも一応、理解はしている。

でも私が『普通』なのは当たり前で、『普通』なら何も言われなくなって放っておいてもらえるから、免罪符がほしくて足掻いて、その結果としてここにいるのだ。普通以下でも出過ぎても叩かれるか虐げられる可能性があるから、トップや勝ち組じゃなく、あくまで『普通』を目指してきた結果だ。

なのにここまできて、この先の『普通』らしいことが選べない。そうして、だから、こう言われる。

 

曰く。

ねえどうして、見た目も身長も性格もスポーツも学歴も勤め先も平均以上のくせして、どうせ自分はなんて卑下してやる気出さずに腐ってるの。普通以下の私たちをバカにしてるの、ずるいよ。

また別の人曰く。

ねえなんで、あなたは身も心も同じ性別で、普通に異性に恋愛感情も抱けて性的行為もできるくせに、してきたくせに、結婚できないなんて言い張るの。ふつうなのに、なんでそんなに捻くれてるの。どれかひとつでも欠けただけでこんなに苦しんでるのに、なんで全部持ってるあなたが苦しそうなの。

さすがに少し脚色したけれど、だいたい似たようなことを言われたことがある(いわゆる空リプ的な言われ方も多々あるけれど)。

 

『普通』らしいのに、ふつうのことがふつうにできない。興味を持てないし好きになれない。それは苦しんじゃダメなんだろうか。ただの贅沢な悩み、ワガママなんだろうか。ーそうなんだろうな。

あーあ。こんなことで悩みたくないから結婚してしまえたらいいのに。人を利用できるほど割り切れない。

例えば「とりあえず実家を黙らせたい」とか「同居人がほしい」とか「誰かと一緒にごはんを食べたい」とか、目的はそれだけという人と利害一致の契約結婚ができればいいのに。

「帰ったらご飯を用意して待っていてくれる奥さんがほしい」だの「幸せな家庭を築きたい」はごめんなさい、だけど。そんなんじゃなくて良いと言う、自分の片割れみたいな人を見つけて一緒にいられたらいいのに。

もしかして、そんな片割れを奇跡的に見つけた人だけが結婚してるのかな。

 

とにかく。

それこそ驚くくらい『普通』に、なぜかほとんどの人が『普通』の人と『普通じゃない人』を分類できる。

もちろんその基準は居場所によって変わる。玉石混交の環境では特別なエリートだった人間も、玉しかいない選ばれた環境に行けば『普通』かそれ以下になる。流行みたいに時代によっても変わるだろう。

それでも、必ずどんな環境生態下でもまず『普通』を分類するボーダーラインが決められて、ボーダーに沿ってそれぞれの環境がつくられていく。こっち側は普通、それは普通じゃない、あれは普通じゃないけど特別カッコいい上位種。あれはイケてる、あれはイケてない、のジャッジを瞬時に冷徹に行える。

これって結構特殊能力に近いのではと思うのだけど、それすら『普通』だとされるのがこの世界だ。それならいっそ私にも。その能力で、分類名をくれたらいいのになと思う。

「女子」を断捨離しています

f:id:reni025:20180903013434j:image

数ヶ月前に25歳になった。

四捨五入したら「アラサー」と呼ばれる歳で、転職して職歴が一度リセットされた私は忘れていたけど社会人歴も3年目になり、結婚する友人も増えてきた。

 

私はというと、その25歳の誕生日に彼氏と別れた。ことにした。

続きを読む

理解より共感より、私たちに名前をください。

f:id:reni025:20180710005944j:image

帯に短し襷に長し、じゃないけれど。

マイノリティを名乗れるほど多数派ではないし、マジョリティぶるにはよくある話すぎる。こと恋愛とか結婚だとかの話において、だ。

 

わたしは性的マイノリティではないけれど、たぶん性役割においてはマイノリティだ。というか、何にも分類されたくない。

子どもだと言ってしまえばそれまでだけど、誰かの妻になれる気がしない。というかむしろ積極的に、なりたくないとさえ思う。親になんてなれるとも思わない。こんなわたしに育てられるくらいなら初めから生命として宿らない方が幸せだとすら思う。

そんな人間が結婚適齢期の男性と付き合うのも申し訳ないので、恋愛からも距離を置きたくなっている。

でもだからと言って、男性に混ざってバリバリ働きたいわけでもない。男性のようになりたいとも、なれるとも思っていない。どう足掻いたってまだ男女の社会進出に差がある現状で、同じようになれるとまで夢見られるほど幸せな思考回路にはできていない。

 

女性であることに抵抗を覚えたことは、ない。

続きを読む

私だって、結婚したい、って思いたい。

f:id:reni025:20180727014909j:image

思えない自分を受け入れきれない。普通に普通を装えない自分に吐き気がする。

「結婚なんてしたくない」なんて、『少数派な自分はちょっと周りとは違うんだ』みたいな思春期の中高生が一過性のものとして吐いてそうなセリフだ。惚れた腫れただの彼氏彼女がどうだの、はあ、さほど興味ないっす、みたいなキャラの。

それなのにアラサーと呼ばれる歳になっても、心の底から同じ言葉を口にできるし、より正確に言えばするしかない自分が嫌でしんどい。

続きを読む

「思い出になんてすると、星になって輝くから」

f:id:reni025:20170528013529j:plain

君の願いが どうか 粉々に砕けますように

きれいな思い出になんてすると 空にのぼって いつまでも星みたいに輝くから

ハチミツとクローバー / 野宮匠

 

私の好きな漫画の、大好きで大嫌いな台詞だ。

初めて読んだ中学生だった頃には、思い出が輝いちゃダメな意味が分からなかった。

願いが砕ければいいなんて言い回しが「ひどい」としか思えなかった。

 

だけど、あれから10年経った最近。やっとこの発言の意味が分かってきた。

私にも「これからも、いつまでも自分の中で輝いてしまうんだろうな」という思い出ができてしまった。すごく大切で、眩しくて愛しくて、思い返すと胸がきゅんとしてどうしようもない思い出だ。

私にとってそれは、中学生から大学時代まで続けた部活の記憶だ。

 

続きを読む

そういえば私、もう女子高生じゃないんだった

f:id:reni025:20170725132838j:image

久しぶりに、自分が高校生をしている夢を見た。

現役高校生だった頃から、大学時代もそして今になっても、制服を着た自分がどこかの教室にいるのは定期的に見る夢ではある。

私にとって目覚めた後にも「ああ訳も分からないけどなんだか楽しかったなぁ」と思える夢は、今も大体がこの自分が高校生をしている夢だ。

気分的に楽しいのは確かだけど、あまりに他の夢では気分が弾まないので「私ってまだ制服の幻想に囚われてんのかなぁ」とちょっと悲しくもなる夢でもある。

 

おかしいのは、リアルとフィクションが中途半端にミックスされた映像と体験ができることだ。

続きを読む