午前1時のレモネード

翌朝の化粧ノリより、夜更かしの楽しさが大事。

日常

理解より共感より、私たちに名前をください。

帯に短し襷に長し、じゃないけれど。 マイノリティを名乗れるほど多数派ではないし、マジョリティぶるにはよくある話すぎる。こと恋愛とか結婚だとかの話において、だ。 わたしは性的マイノリティではないけれど、たぶん性役割においてはマイノリティだ。と…

私だって、結婚したい、って思いたい。

思えない自分を受け入れきれない。普通に普通を装えない自分に吐き気がする。 「結婚なんてしたくない」なんて、『少数派な自分はちょっと周りとは違うんだ』みたいな思春期の中高生が一過性のものとして吐いてそうなセリフだ。惚れた腫れただの彼氏彼女がど…

「思い出になんてすると、星になって輝くから」

君の願いが どうか 粉々に砕けますように きれいな思い出になんてすると 空にのぼって いつまでも星みたいに輝くから ハチミツとクローバー / 野宮匠 私の大好きな漫画の、大好きで大嫌いな台詞だ。 初めて読んだ中学生だった頃には、思い出が輝いちゃダメな…

そういえば私、もう女子高生じゃないんだった

久しぶりに、自分が高校生をしている夢を見た。 現役高校生だった頃から、大学時代もそして今になっても、制服を着た自分がどこかの教室にいるのは定期的に見る夢ではある。 私にとって目覚めた後にも「ああ訳も分からないけどなんだか楽しかったなぁ」と思…

確かに残るどころか居座って消えないサウダージ。

他言語では翻訳できない言葉、というやつが好きだ。他の言語や文化圏では、該当する概念・言葉が存在していない異国の言葉。日本語だと「木漏れ日」なんかがそうらしい。 それに出会うことは、日本語でもたまにある「身に覚えのある感情だけど、言語化ができ…

あの頃夢みてた場所に半分だけ辿り着いてみた話。

生まれた街で暮らしていた高校生までの頃、わたしには可愛すぎて可哀想になりそうなちっぽけな夢があった。 ベタな田舎者の憧れすぎて恥ずかしいそれは「駅と無印良品とスタバが徒歩圏内にある場所に住む」。 なぜってその頃のわたしにとって、都会の象徴は…

申し訳ありませんは魔法の言葉じゃない

まだ頭が働かない月曜、朝9時前。 「だからさ、さっきから『〜かと』だの『おそらく〜』だとか、なんで断言しないわけ?」 「その言い方ってさ、ウチにも非がある『かもしれない』ってことだよね?あなたの言い方ってそういうことになるよね?」 「御託はい…

すぐ隣のパラレルワールドを、忘れない

数週間の有給消化に入って、気付いたことがある。 社会人になってからの私はめっきり「平日の昼間」の世の中のことを忘れていた。 朝出勤して、帰る時間になって気付けば日が暮れているから、この季節は何時まで明るいとか何時から涼しくなるとかそんなこと…

大人になることの意味がわかった気がしたのだよ

転職に伴う有給消化のおかげで、このところの私は社会人でありながら夏休みを満喫している。 大学生の頃は2ヶ月くらいあった夏休みだけど、正直なところ遊んだり出掛けたりするお金もなかったので、ただただ時間だけを持て余していた。 「学生の頃は時間があ…

たまには全力で、取らぬ狸の皮算用をしてみる。

私は、完全に自分にしか関係のないことだとものすごく意志が弱い。 特に休日の過ごし方なんかにそれは顕著で、基本的に「何もしないでぼーっとする」ことが好きだから、平日の間に「休日にやろう」と決めていたはずのことも全て放り出してゴロゴロと過ごすこ…

よく道を訊かれるようになった不思議。

最近道を歩いていると、よく声を掛けられるようになった。 これ、ちょっと自分の中では不思議なことで。 元々私はセールスを断るのも罪悪感を覚えるので「最初から話しかけるなオーラ」を常に出している。実際にほとんどの人にそれはちゃんと伝わっているら…

期間限定マウントレーニアまとめてみた(2014年〜)。

出掛け先で、車の中で、ちょっとコーヒーが飲みたいなって時。 100円のコンビニコーヒーでもいいけれど、ちょっと甘いのとか、カフェラテが飲みたい。淹れるのも今日は面倒だし。 そんな時にわたしは、スーパーからコンビニ、薬局までわりとどこにも売ってい…

動き出せば、目まぐるしく世界は変わる。

もうダメだと毎日のように思うから、何とかしなきゃと思い付くことを始めてみた。 目まぐるしい。びっくりするほど目まぐるしい。あくまで根が引きこもりな私にとっては、だけど。 勝手にハードルを上げてたけど、こんなに簡単に物事は始められるんだなと、…

離れてみたら、話がしたくて放したくなくなった手がありました。

「あんた達、夜の散歩に行きなさい」 と、妹のiPhoneのスピーカーから聞こえてきたのは母の声だった。 最近ダイエットに勤しんでいる母と妹は、ここのところよく二人で夜のウォーキングに出かけているらしい。 それを今日は私が付き添い役で、私の住む街でも…