読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前1時のレモネード

翌朝の化粧ノリより、夜更かしの楽しさが大事。

【アプリ不要】おすすめラブコメweb漫画5選

最近の趣味はpixivを徘徊して創作漫画を読み漁ること。そんな生活を送っています。ニヤけてても許されるひとり暮らしって最高ですね。

探せばどこかに必ず萌えと目の保養が転がっていて、創作クラスタの皆さまには日々感謝しながら生きています。

 f:id:reni025:20161126202342j:image

 

とはいえpixivはアプリを落としたりアカウントを作ったりが面倒なところもあるんですよね。会員登録?別にソッコーでするよ?というタイプの方々はともかく、めんどくさがりな人にはきっと面倒。

何を隠そうわたしも、ROM専だからとなかなかアカウントを作らなかったクチです。だってだいたいの作品はアカウントなしでも閲覧できますもの。

それでも解像度の関係で拡大が必要だったり、ちょっと肌色多めのシーンがある作品だったりすると年齢込みでのアカウント登録が必要になってくるのです。

 

webで読める漫画はいいぞ。

そんな登録を面倒がっていた頃のわたしは、web漫画を公開してる個人サイトにお世話になっていました。特に学園ラブコメが好物。

web漫画で有名どころだと

「堀さんと宮村くん」読解アヘン

「鈴木さん」発狂するエラー

あたりはちょっとweb漫画を読んだことがある人は通ってきた道なんじゃないでしょうか。

どちらも学園物で、「堀さんと宮村くん」は圧倒的な話数(本編は完結済み)、「鈴木さん」は共感できるリアルで濃い話が、ヒット率非常に高いと思うので安心してオススメできます。

 

とはいえ「オススメweb漫画まとめ!」とかにもまず載ってますし、web漫画を知ってる方なら上記はかなりの割合で読んだことがあると思うのです。

そこで今回はまとめには載ってたり載ってなかったりするかもしれない、「アカウント登録やアプリなしでも読める」web漫画を紹介します。

ジャンルはわたしの趣味嗜好で「ラブコメ」が基本です。凄まじい盛り上がりを見せた「逃げ恥」なんかもラブコメですもんね、ブコメは大体正義ですよ。なお、ここに挙げたものは全て学園物です。

 

ちなみにだいたい商業化してるので、一部ながら最新版はアプリやpixivに移行してるものもあります。そもそもpixivアカウントと個人サイトって両方持ってる方も多いですしね。

その場合はwebで読んでみて「どうしても続きが読みたい!」となったらアプリも落としてみてくださいな。お手数をお掛けします。

では以下、ばばーんっと5作紹介していきます。記事を眠らせてる間に人気が出過ぎてて今更感しかないけど紹介しちゃうもんね。

 

今会いにいけるアイドル、今webで読めるラブコメ

1.「トモちゃんは女の子!」- 更新中

2016年「次にくるマンガ大賞」のweb部門で1位となった作品です。もうこれ普通に有名な部類かな。Twitterアカウントやアプリがあれば見やすいですが、webからでも全話読めます(※話数が増えてきたので、途中の話は読み込まれにくくて読めないかも)

 

主人公はボーイッシュでその辺の男子よりめちゃくちゃ強い空手家女子高生・トモちゃんですが乙女な一面もあって、幼馴染で空手仲間のジュンのことがずっと好き。

そんなジュンに高校入学を機に告白したけれど、トモちゃんを「幼馴染」で「親友」としか思っていない(?)鈍すぎるジュンには異性として好きなんだということが(トモちゃん視点では)全く伝わらない。

そんなトモちゃんが、なんとか自分は「女の子」だとジュンに分からせようと、友達の力と斜め上の女子力(物理)の力を借りながら頑張ります。そしてもうね、その空回りっぷりが、愛しい。

 

あまりにもトモちゃんとジュンのやり取りが鈍々でじれったいので、この漫画にはそこにちょっかいを掛けようとする読者ポジションがいてくれます。

その有能な読者ポジションが、トモちゃんの親友・みすず(ドSな小悪魔美少女かと思えばトモちゃんを大好きすぎる)。そして中盤から登場する、ゆるゆるふわふわ系女子のわたあめことキャロル(みすずとトモちゃんが大好きで、これまた鈍い幼馴染を持つハーフ美少女)。この二人には感情移入と感謝と応援をしてしまうこと間違いなしです。

 

読んでいての感想としてはムズムズとキュンキュンとスカッと、そしてイライラが混じり合います。ちなみにムズムズとキュンキュン要員がトモちゃん、スカッと要員がいい仕事をするみすずとキャロル、イライラ要員がその鈍さわざとやってんのか男ことジュンです。

体感としてはラブ3:コメディ7くらいですが、だからこそ恋愛メインのパートに入ると落差にやられます。みすずかキャロルそこ代わって!!

ぜひイケメンで時々超かわいい恋する乙女、トモちゃんにニヤニヤさせられましょう。そして垣間見える、「ジュンお前あの鈍さは全部わざとか?」な言動に振り回されてやきもきさせられましょう。あなたもきっと、こいつらをどうにかしたくなります。

 

 

2.「妄想テレパシー」 - 更新中

こちらは上記の「トモちゃんは女の子!」と同じサイトで連載中。元々作者さんのwebサイト(Lazy Nobel...)で更新中の漫画を追っていて、前出のサイトで商業連載の始まったこちらも読み始めた形でした。

 

主人公は「人の考えていることが見聞きできる」女子高生・中野さん人の考えが分かるからこそ悪意にも敏感で、人付き合いがうまくなくてぼっち気味。

そんな中野さんはサッカー部のクールなモテモテイケメン・戸田くんと高3のクラス替えで出会います。彼はぼっちとは対極そうなリア充ですが、なぜか中野さんのことが大好きすぎて、頭の中は常に肌色多めのピンクな妄想で溢れていたのです。

そんな中野さんと戸田くん、そして友人たちとの、恋愛と友情の行方はどうなる?——というお話です。ちなみにメインのはずのふたりは中野さんが一方的に妄想テレパシーを受信するばっかりで、リアルでなかなか喋らないよ!!ほんとどうする気だよ戸田氏!!

 

こちらは中野さんが見聞きする人の妄想や考えが面白くもリアルで、「こんなこと自分も思ってたな」と思えること必至

Twitterの反応を見ていると「男子の妄想をよくわかってる!」という声もよく聞こえるのですが、男性陣にはぜひどうなのかジャッジしてみてほしいですね。

そして妄想にツッコミ振り回される中野さん、無表情で時に恋する男の子な妄想、時にただのエロ妄想を垂れ流す戸田くんのやり取りに笑えます。だいたい中野さんが妄想を聞いちゃってるだけだから本当は無言なのに、成り立っているボケツッコミがめちゃくちゃ濃いのです。

 

そんな中野さんや戸田くんに振り回されながら(おもに中野さんと)距離を縮めていく友人たちも、面白くて人間臭くてかわいい。

特に初めはちょっとめんどくさそうな戸田くんの女友達・マナちゃんが、紆余曲折を経て中野さんと友達になってからはどんどんかわいくていい子になっていくので必見です。もう今はただの天使でただの超イイ女。ちなみにマナちゃんが注目されがちですが、1人はいて欲しい安心と安定の中立ポジション男子恋のライバル?な後輩男子もいいやつです。

 

なおwebサイトで更新中の「僕と宇宙人」も、話数がめちゃくちゃあって読み応えがあるのでオススメです。こちらも中学校を舞台にした学園物ですが、宇宙人が登場するだけあって少しSF風味。

一時期商業連載もされていたのですが、商業化するまでほぼ毎日更新されていただけはあって「堀さんと〜」に匹敵するボリュームです。宇宙人以外の生徒たちも負けず劣らず濃くてかわいいので、「妄想テレパシー」とどちらから読み始めるのもアリだと思います!

 

3.「テラモリ」 - サイト休止、web/アプリで更新中

テラモリ

記事タイトルに反しますが、これだけはアプリからが読みやすいかも。webからも読めるんですが一部なのです。とはいえ最近大人気なので、アプリを落としてでも読む価値はありまくりです(わたしもwebから追いかけて、この作品のためだけに結局アプリを落としました)。

 

そもそもテラモリってなんぞや?「テラ盛り」?大盛りの進化系?いえいえ、紳士服「テーラー森」の略で、スーツ屋さんを舞台に繰り広げられるラブコメディです。

メインはヲタクでちょっとコミュ障気味な女子大生・陽と、そのバイト先であるスーツ店の、厳しくも温かい若きドS副店長こと平尾さん

初期の二人といえば、お仕事モード全開、しごかれまくって副店長を敵視しまくる陽ちゃんに対して「しごきがいのあるバイトが来た」モードの副店長。ラブコメ?なにそれ?なお仕事マンガが繰り広げられます。

 

そんなふたりが、一体いつどこからどっちから、ラブコメモードになっていくのか?そもそもコミュ障気味のヲタク女子と、仕事命のドS上司(当然年の差あり)のラブコメモードってちゃんと「ラブ」あるのか…?なんて懸念は吹っ飛びます。ラブコメモードが入ったら、殴る壁か抱き潰す枕がきっと欲しくなります。とりあえずとにかく、副店長が可愛すぎるんだよこのやろう!!

こちらは元々かなりの分量がweb上で公開されていたのですが、その後商業連載が開始したことで、現在サイトで公開されている分は序盤の数話になっています。

上記の作者様サイトとwebサイト「裏サンデー」上では一部の公開となっていて、アプリ「マンガワン」では時間制チケットを使えば全話読めます。すでにそちらではかなり人気が出てきているので、見かけたことがある方もいるかもしれませんね。

 

 

 4.「未完成定理」 - 更新中

猫とまくら 

f:id:reni025:20170212014157j:plain

こちらはwebと、最近見かけたところではスマホアプリ「comico」の「ベストチャレンジ」枠内でもずんずんと更新中。話数とキャラクターが多くて読み応えがあります。

(2017/4/25 追記:「comico」内の公式作品への昇格に伴い、サイトでは読めなくなるようです。タイトル詐欺になってしまった!でもおめでたい!)

 

メインカップルは画像のふたり。作者さんの言葉をそのままお借りして紹介すると、睡眠障害な天然女子・眠花(みんか)ちゃん潔癖症ツンデレ男子・宗司

眠花ちゃんは睡眠障害ナルコレプシー?)の影響で、意図せずどこでも眠ってしまいます。そんな眠花ちゃんをある日校内で見つけ起こしてからというもの、宗司はまるで「オカン」のように彼女を見つけては教室へ連れ帰ります。

それまでは睡眠障害で迷惑を掛けるからと、教室へは近付かず保健室登校だった眠花ちゃん。少しずつ教室とクラスメイトに馴染んでいきますが、そのクラスメイトたちもまた色々と抱えています。

 

基本的にはいろんなキャラクター・カップリングが登場する、初々しくてキュンとする青春群像劇です。現在でも5組くらいはフラグが立っているのですが、作者様Twitterによるとまだまだこれからも増えるようです。

ですがまず、今のところ素直に成立しているカップリングはありません。なぜなら全員、何かしらのトラウマや問題を抱えているから。その理由は既に明らかになっているものもあれば、まだ伏線段階のものまで様々。ただ楽しくて明るくて爽やかなだけじゃない、ひと癖もふた癖もある彼らの青春をぜひ覗いてみてください。

 

ちなみにわたしの推しカップリングは、大食い鈍感美少女・鈴読書中毒のツンデレ眼鏡男子・親(ちかし)の幼馴染コンビです。

以前の記事でちらりと幼馴染カップリングが好きだーと言ってますが、先に挙げた「トモちゃん」も幼馴染コンビなわけですが、この二人もまた大好きです。基本的に純粋だけど鈍感な女子×素直になれないけど一途な男子、が好きなんですよね。そこのところ、この二人はストライクなのです。

大体「こんな組み合わせのカップルいないかな」は網羅してくれていますしこれからさらに増えていきそうなので、ぜひ読みながら注目していきましょう。

 

 

5.「杉田さんと恋の話」 - 更新中

ROOM#310 

f:id:reni025:20170212014403j:plain

こちらは上記の作者様のサイト、そしてpixivからも読めます。最近pixivでは注目作品によく入っている印象。

 

こちらはわりと無表情で低体温な雰囲気の、ちょっと不思議系女子・杉田さんと、そんな杉田さんのことが一途に大好きなクラスメイト・及川くんがメイン。 

及川くんにほだされて(?)少しずつ表情と感情が豊かになっていく杉田さんが、まるでなかなか懐かない猫が懐いてくれた時のようなかわいさを炸裂させてくれます。

ただそれが単にテンプレなツンデレとかではなく、恋をしてもあくまでマイペースで淡々としたところがブレていないだけなのがいい。マイペースだからこそ淡々とデレるし豪速球を投げる女子の破壊力たるや(それでもちょっとずつ感情豊かに変わっていくんですけどね)。女の子サイドの杉田さんよりも男の子サイドの及川くんに感情移入したくなっちゃうわ!もう!

 

しかしわたしの推しはやっぱりメインのふたりではなく、その友人たち。

杉田さんを妹か娘のように愛するサバサバ男前女子佐倉さんと、杉田さんに興味を持つもそれを阻止する佐倉さんに興味が湧いちゃった、何考えてるのかよく分からないチャラ男・藤崎くんの組み合わせです。

馴れ初めの「杉田さんに興味を持つもそれを阻止する佐倉さんに興味が湧いちゃった〜藤崎くん」から分かる通り、このふたりは初めは喧嘩友達、というか佐倉さんからすれば天敵あるいは犬猿の仲といったところ。

 

メインのふたりは及川くんが恋心オープンむしろ全開なのでいいんですよ。でもこのふたりは、どっちも素直じゃないしどっちもなかなか自分の気持ちを認めないんだなー。要はめんどくさい。藤崎くんは過去色々あるんですが、それにしたってめんとくさい。ツンデレ同士か。

だけど実際にはいません?こういうめんどくさい人たち。そもそも恋心全開な奴らなんてそんなにいないし続かなくて、実際にはなんで付き合ってるのかよくわかんない面倒くさい奴らほどわりと長続きしてたようなことありませんか。

ちなみにわたしの周りにはわりといたんですよね。そういう意味で、このふたりの方がリアルだなと思って気になります。

 

この漫画はただキュンキュンするだけではなく、時々そんな風にドキッとするような人間の面倒くささやキャラの暗い部分も垣間見えます。今の彼らは恋の話を通してまだまだ変化中。今後はさらにどう変わっていくのか気になるところです。

ちなみにこちらは今のところ、杉田さんと及川くんの出会いから読める第一部と、本格的に恋愛モードが始まる第二部といった感じでお話の時系列がざっくり分かれています。pixivアプリからは確か二部からしか見られないので、一度サイトから読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

というわけでわたしの読書感想文の下手さ(あらすじの割合が多すぎる)がバレる推しマンガ紹介でした。

もう有名なものがほとんどですが、もしこの記事で初めて知った!好きになった!という方は、これから一緒に応援していきましょう。そしてせめてものお礼として、ランキング投票なり応援クリックなりしていきましょう。

単行本購入で返したくても、本になってなかったり先立つものやスペースがなかったりして申し訳なさが募るんですよね。そこを、ささやかすぎますが応援クリックや呟きでお返ししているつもりなんです…なんだこの公開言い訳…。

 

紙ベースの漫画やストーリー物の漫画を追うのが時間的に難しくなってきたので、最近は4コマベースのweb漫画漬けですが、それでも色々探してまだまだ読んでいきたい所存です。

何よりこれからも創作クラスタの皆さまには心安らかに楽しく活動していただければなとひっそり応援しています(この記事逆効果だったらどうしよう)。読んでくださった皆さま、作者様方、ありがとうございましたー!