読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前1時のレモネード

翌朝の化粧ノリより、夜更かしの楽しさが大事。

クリスマスの醍醐味はイブでも当日でもなくて。

 f:id:reni025:20161222235005j:image

連休前は休み明けに仕事が溜まりまくることを防止するために、やたらめったら忙しいのが社会人の常。と、学んだ1年目です。社会人の皆さまお疲れ様です。

 

修羅場を乗り越えてこそのたのしい連休、さいこうだぜ(虚ろな目)

 

そんな修羅場を片付けてふと我に返ったら、もうクリスマスまでのカウントダウンが3日とかで慄いています。

 

ちなみに「やっば〜い☆予定が立ってな〜い!どうしよどうしよ??>_<」

的な慄き方ではまったくなく。

仕事でひたすら年明けのことばかり考えてたので、自分の中ではとっくに年末モードだったんですよね。

だから通勤途中のお店の前のクリスマスツリーを見てやっと「まだ終わってないんだっけ」と思い出していたレベル。

 

 

そもそも、元からあまりクリスマスに執着やこだわりがないので、クリスマスが平日で仕事でもたぶん全然構いませんでした。

わたしにとってのクリスマスの醍醐味は当日じゃなく、クリスマス気分が盛り上がっていく当日までの助走期間なんですよね。

 

まずクリスマスに限らず、ロマンティックすぎることが裸足で逃げ出したくなるくらいには苦手なんです。

そんな漫画やドラマのヒロインみたいなことに巻き込まれるより、助演のヒロインの親友くらいが落ち着いちゃう。わたしには恋する乙女のロマンティッククリスマスラブストーリーを主演できません!!

なので「夜景の綺麗なホテルでディナー」より「社畜の命の煌めきを提供し夜景の一部となりながら仕事」の方が個人的にはよっぽど気楽なんですよね。

 

ちなみに別に独り身の強がりではなく、彼氏と呼べる人間もいるにはいるんです。いるんです、わたし、いちおう、リアジュウ(主張)

ただ遠距離なのと、彼もわりと勉強や仕事優先主義なので平日に予定をぶっちぎって会うことはなく、クリスマスは毎年特に何事もなく過ぎていきます。

その前後1ヶ月くらいに会うことがあれば、思い出したようにプレゼント交換するくらい。もちろんどちらかの自宅で。その時もアクセサリーとかが出てきた記憶はなく、だいたいバリバリ実用性重視の生活用品です。タオルとかタオルとかタオルとか。

 

 

もうそれだけ枯れてたらクリスマス嫌いなの?なんかあったの?ってレベルですが、正直わりとクリスマス自体は好きです。正確には、さっき書いた助走期間が好き。

田舎のさみしい住宅街も無機質なビル街もイルミネーションできらきらし出して、あちこちのお店のBGMがやけに楽しそうなシャンシャンした英詩のクリスマスソングになって。

やさぐれて枯れた女子にも何となくうきうきした気分を分けてくれる、この時期の街の力って素直にすごいと思うのです。仕事中でさえ、ラジオから流れてくる「曲名も歌詞もよく分からないけどよく聞く」感じの海外のクリスマスソングにうきうきできるもんな。

 

そんなわたしの今年のクリスマスは、仕事に追われて大してうきうきできないまま迎えられようとしています。が。

今年は高校時代の仲の良かった先輩が連休中に入籍するので、そのお祝いに駆け付ける予定があってクリスマス当日あたりにうきうきできるんです。やったね!!リア充めが!!末長く爆破しやがれください!!

 

懐かしい友人や先輩たちと一緒に、幸せそうな先輩の顔を拝んできます。

まだ華やかでキラキラすぎる結婚式への参加じゃなくて、こぢんまりした身内祝いなあたり、わたしの枯れっぷりにもちょうどよくて先輩に感謝したいですね。

 

今年は少し、うきうきしたクリスマスを過ごせそうでわくわくです。皆さまもよい連休をお過ごしください。

メリークリスマス。