午前1時のレモネード

翌朝の化粧ノリより、夜更かしの楽しさが大事。

NPCの台詞みたいに「結婚しないの?」「子ども欲しいと思わないの?」って言ってくれちゃってさ

就業規則だの法律だのは俺たちに優しくないからって疑うくせに、自分の未来には結婚と子育てがあると信じて疑わないの、なんで?って私も聞いていいかなぁ。 数ヶ月ぶりに会う、結婚式終わりの男友達たちは、私たちの共通の同期である新郎に当てられたように…

人生における重大な決断をだいたいしないという決断について。

大きな決断が必要なライフイベントって、人生にはいくつか存在する。 若いところからだと受験・進学、その先は就職、人によっては転職も発生する。そのあたりになると結婚というイベントも発生しだす。各イベント発生に伴って引越しイベントも起きることがあ…

まっすぐ進もうとするほど、捻くれてると言われる僕らは

わざわざ主張することでもないけど、嘘を吐くのも面倒だから。結婚を考えるようないいひとはいないの、と聞かれると、私は結婚したくないんです、と言う。 要らぬ波を立てていることは分かるけど、妙齢の女性なら当たり前に守備範囲だという顔で息をするよう…

おやすみ、私の夏休み

自分だけで勝手にやっている、お盆休みの密かな恒例行事が、ペルセウス座流星群を見ることだったりする。 今年は午前二時でも踏切でもなかったけど、自分の部屋のベランダで天体観測をした。 星空って目が慣れてくるとどんどん星が見えてくるもので、山の中…

きみの夢を見たよ、から始まる呪いのラブレターの供養

もう1年以上声も聞いていない、昔付き合っていた人を夢に見た。 久しぶりに見てしまった彼の夢は、悲しくもならないくらいにただただ優しくて楽しいだけだった。 夢の中の私たちは、付き合いたての高校生みたいに恋人繋ぎして照れ笑いしながら、遊園地をずん…

独りでいたくて、一人ではいたくなくて、痛々しくて

「一人でいるのは平気だけど、孤独なのは苦手だ」と言うひとがいる。 休日に一人でカフェに行ったり買い物に出たりできるけど、その時の話を誰かと共有したい。一人でいるとしても、その時のことをどこかのSNSにアップして繋がっていたい。そんな感じらしい…

唯一とかいらないからちゃんとしたその他大勢にして。

ズルズルと続いた遠距離恋愛を終わったことにしたその日、意外にも私を包んだのは解放感だった。 転職が決まった時、嬉しいと思うより先に退職を言い出すことに落ち込んだのをふと思い出して、人の予測なんてアテにならないなと笑えた。 私が逃げたかったの…

生地と生家を愛するように、家族を愛せればよかった

実家を出てもうすぐ7年、懺悔のように願っていることがある。 家族のことを、家族だという事実だけで愛せればよかった。愛せる人になりたかった。 高校を卒業して大学に進学する18の春まで、生まれ育った街は好きだ。そこで通った学校も、出会った友人や先輩…

花屋に並びたくない花だって咲いてもいいでしょう。

昔から男所帯の集団に属してきたから、普段から気の知れた男性たちには混じっても平気な風でいる。女子力なんて溝に投げ捨てて、男に張り合って好きなアイドルだのアニメキャラだのを叫んでみたり、質の悪い同性には「同性から見たってあれはナシだと思って…

夢女子の才能がないので恋愛は向いてませんって話

つまるところ、たぶん私だって、橋本環奈ちゃんとかガッキー似の美女とかに生まれたら、恋愛ストーリーの主役を張る自分を許せたんや。 でも実際は、この世界を生きている自分というアバターが大して好きじゃない。 でくの坊な喪女でしかない自己を投影した…

元気ですか、私は最近生きるのがちょびっと楽しいよ。

「大人になってから1年が早くなったね」なんて、学生の頃は絶対言うもんかと思っていたテンプレートでつまんない台詞が、口に馴染んでしまってからもう何年経っただろう。 社会に出ることがイコール大人だと思っていたあの頃、大人になって仕舞えば、働き出…

やっぱり私はまだ中高生のままなのかもと思った話。

よくある話すぎて、自分が見かけても手を止めるか分からないくらい、本当にありふれた話をする。 本気ですごく気の合う、仲の良い友人だと思っていた数年来の男友達に告白された。 こちらの市内で夕方まで用があるから、それが終わったら飲まないかと言われ…

「いい女」として恋されるより、「いい奴」として認めてほしい。

タイトルが結論なんだけれど。 これが私の人生のスタンスで、人間関係において恋愛はゼロベースから始められるものではない。最低限、人として「いい人」だと自分が思えて尊敬できて、異性としてどうかは抜きにしてまず「いい奴」と人間性を評価してくれてる…

オタク文化への浸かり方レベルと、海の楽しみ方についての一考察

まずオタクと海という切り口から、深海魚とか貝とか、海の生き物で例えろよと思った方には申し訳ない。 水族館に行くのは大好きなものの、海の生き物の生態に詳しいというほどではないので止めました。と予め表明しておく。 秋の夜長に、「オタク沼とはよく…

「ふつう」の分類学〜学歴不問、あなたも分類学者〜

最近、SNSのリアルアカウントで、書くだけ書いてそっと下書きに入れた呟きを供養。 なんかねー 自分たまたま女の身体で生まれてくることができたから苦しまなかっただけのオネエさんなんじゃないかって思う、最近。性的指向は置いといて。メンタルの不安定さ…

「女子」を断捨離しています

すこし前に25歳になった。 四捨五入したら「アラサー」と呼ばれる歳で、転職して職歴が一度リセットされた私は忘れていたけど社会人歴も3年目になり、結婚する友人も増えてきた。 私はというと、その25歳の誕生日に彼氏と別れた。ことにした。

理解より共感より、私たちに名前をください。

帯に短し襷に長し、じゃないけれど。 マイノリティを名乗れるほど多数派ではないし、マジョリティぶるにはよくある話すぎる。こと恋愛とか結婚だとかの話において、だ。 わたしは性的マイノリティではないけれど、たぶん性役割においてはマイノリティだ。と…

私だって、結婚したい、って思いたい。

思えない自分を受け入れきれない。普通に普通を装えない自分に吐き気がする。 「結婚なんてしたくない」なんて、『少数派な自分はちょっと周りとは違うんだ』みたいな思春期の中高生が一過性のものとして吐いてそうなセリフだ。惚れた腫れただの彼氏彼女がど…

「思い出になんてすると、星になって輝くから」

君の願いが どうか 粉々に砕けますように きれいな思い出になんてすると 空にのぼって いつまでも星みたいに輝くから ハチミツとクローバー / 野宮匠 私の大好きな漫画の、大好きで大嫌いな台詞だ。 初めて読んだ中学生だった頃には、思い出が輝いちゃダメな…

そういえば私、もう女子高生じゃないんだった

久しぶりに、自分が高校生をしている夢を見た。 現役高校生だった頃から、大学時代もそして今になっても、制服を着た自分がどこかの教室にいるのは定期的に見る夢ではある。 私にとって目覚めた後にも「ああ訳も分からないけどなんだか楽しかったなぁ」と思…

確かに残るどころか居座って消えないサウダージ。

他言語では翻訳できない言葉、というやつが好きだ。他の言語や文化圏では、該当する概念・言葉が存在していない異国の言葉。日本語だと「木漏れ日」なんかがそうらしい。 それに出会うことは、日本語でもたまにある「身に覚えのある感情だけど、言語化ができ…

あの頃夢みてた場所に半分だけ辿り着いてみた話。

生まれた街で暮らしていた高校生までの頃、わたしには可愛すぎて可哀想になりそうなちっぽけな夢があった。 ベタな田舎者の憧れすぎて恥ずかしいそれは「駅と無印良品とスタバが徒歩圏内にある場所に住む」。 なぜってその頃のわたしにとって、都会の象徴は…

好きな人たちの思想までも愛したい人生だった

今暮らしている街から地元まで、約100km足らず。電車で片道1時間半ちょっと。遠すぎず、近すぎず、まあちょうどいい距離だと思う。 問題は、私は実家と相性が良くないのに、実家に帰らなければ友人に会えないことだ。 私の交友関係にも問題はあって、元々深…

申し訳ありませんは魔法の言葉じゃない

まだ頭が働かない月曜、朝9時前。 「だからさ、さっきから『〜かと』だの『おそらく〜』だとか、なんで断言しないわけ?」 「その言い方ってさ、ウチにも非がある『かもしれない』ってことだよね?あなたの言い方ってそういうことになるよね?」 「御託はい…

第二新卒が転職して半年。社員数2桁の中小企業から、4桁の企業へ転職して思うこと。(2)

こちらの記事の続きです。 第二新卒が転職して半年。社員数2桁の中小企業から、4桁の企業へ転職して思うこと。 - 午前1時のレモネード 第二新卒で転職してみて約半年が経ち、前の記事では前職と現職で何が変わったのかをざっくりとしたスペックで比較しまし…

第二新卒が転職して半年。社員数2桁の中小企業から、4桁の企業へ転職して思うこと。

お久しぶりです。最後の更新が7月末。半年まるっとブログが放ったらかしになっていました。 どれくらい放置していたかは、残暑の時期には更新するつもりだったからこんなイメージ画像だったことが物語っていますね。 たぶんもう見てくれている方いないので「…

すぐ隣のパラレルワールドを、忘れない

数週間の有給消化に入って、気付いたことがある。 社会人になってからの私はめっきり「平日の昼間」の世の中のことを忘れていた。 朝出勤して、帰る時間になって気付けば日が暮れているから、この季節は何時まで明るいとか何時から涼しくなるとかそんなこと…

大人になることの意味がわかった気がしたのだよ

転職に伴う有給消化のおかげで、このところの私は社会人でありながら夏休みを満喫している。 大学生の頃は2ヶ月くらいあった夏休みだけど、正直なところ遊んだり出掛けたりするお金もなかったので、ただただ時間だけを持て余していた。 「学生の頃は時間があ…

新卒入社1年4ヶ月、今日で会社を去ります

先週の夜、直属の上司に転職に伴う退職の意思を伝えた。それから数日。 小さな会社だから、もう風の噂で聞いたという人も、何となく察している人もいる朝。 とうとう朝礼で全体に向けて、転職すること、そして退職すること、明日から有給の消化に入ることを…

ダメ営業だった第二新卒が退職を伝えてきた話

転職活動中から、この日のことはしょっちゅう頭によぎっていた。けれど深く考えないようにしていた。 一応、上司に伝えるタイミングとかシチュエーションなんかは、強迫観念に駆られたかのように、腐るほど検索をかけて知識を集めていた。 だけど実際に何を…